一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
---
ダイヤモンド・ビッグ社
¥ 1,100
(2010-09-09)
Amazonランキング: 214296位

評価:
---
実業之日本社
---
(2010-06-18)
Amazonランキング: 106150位

評価:
---
昭文社
¥ 950
(2010-10-15)
Amazonランキング: 420456位

 だいふ時間が経ってしまいましたが、昨年の9月16日〜25日の10日間、パリへ旅行に行ってきました。

海外へ旅行に行くときは、たいていカラー写真の大きな鮮やかなガイドブック(るるぶやまっぷる、地球の歩き方ムックなど)と「わがまま歩き」を買ってしまいます。これが本当に偶然で、直接書店に足を運び、なるべくいいものを・・・という気持ちで選んでくるのですが、見事に毎回「わがまま歩き」を選んでいるのです。それだけ相性がいいんでしょうか。とても見やすくて、且つ細やかな情報が重宝します。
街歩き用の地図は、ムック版の冊子になったものをよく利用します。私は、旅行に行くたびに新しいガイドブックを購入するので、地図に直接書き込んでしまいます。そうすることで、位置確認がしやすくなるし、方向音痴の私にとって、ようやく役に立つ地図になるのです。


日本は、まだまだ暑さが残る頃の出発でしたが、パリはもうすっかり秋。
ルーブルからコンコルド広場へ抜ける道では、木々が赤茶色に色づき、この季節の切なさと温かみを感じます。
パリの9月は雨が多いと聞いていましたが、土砂降りの雨に遭ったのは一度だけ、それも夜だったので、特に困るようなことはありませんでした。
気温はだいたい12,3℃〜16,7℃ぐらい。思ったほど1日の気温差はなく、過ごしやすい気候でした。日差しは、日本より少し強いのですが、やはり風が吹くと肌寒いので上から羽織るものが必要です。





せっかくですので、旅行ガイドには載っていなかったことを書きます。何年後かに行って「違っていた!」とは言わないでくださいね^^;


まず、これは世界中でそうなのかもしれませんが、ファストファッションが大流行しています。
市内いたる所にH&MやUNIQLO、その他いろんなお店が建ち並び、店にもよるとは思いますが、だいたい20ユーロぐらいから服が買えます。2軒ほど行きましたが、私が入った店は、21ユーロの50%OFFだったり、また11ユーロでカーディガンが買えたりしてかなりお徳感がありました。
デザインは店によってやはり個性があるらしく、そこもまた面白いかもしれません。

それから、日本食レストランが多く見られました。
そのほとんどが「SUSHI BAR」なのですが、やはり日本のお寿司屋さんとは違い、カフェのような造りで、そのメニューには、焼き鳥があったり、うどんがあったり、Chinese foodがあったりすることが一般的のようです。
宿泊したホテルの目の前にもありましたので、行ってみると、「カルピスカクテル」というものがありました。その名も「SHIRO」(テキーラベース)、「ORENJI」(ウォッカベース)、「AOI」(ジンベース)の3種類。



ちなみにこの店では日本語は通じませんでした。
聞いてみると、オーナーは中国人とのこと。確かに中国人オーナーのお店は多そうでした。


食については特に問題なく、近所のスーパーでは毎日ワインを買っていました。
とても安くておいしいので、毎日1本。友人とふたりで「今日はどれにする?」といった感じで。
5ユーロ〜10ユーロでわんさか売っています。もう少し高級なものが欲しければデパートで手に入ります。といっても日本で買うよりだいぶ安い。
ハムやチーズもとにかく安い!量も多い!おかげで2011年最も気だるい休暇が過ごせました。




日本の漫画”One Piece"と”NARUTO"が人気のようで、TVでも見ました。
フランス語なので全然わからなかったし、声も違うのでなんとなく変な感じでしたが面白かったです。
”One Piece"にいたっては、シャンゼリゼ通りで登場人物の着ぐるみをきたプレゼンテーション(?)に遭遇。もう、遠めから「ルフィがいるっっ!!!!!!!」と(笑)



彼らは、One Pieceのパッケージのリアルゴールドのようなアヤシゲな缶飲料を配りつつ(しっかり貰ってきました!)、子どもたちと写真を撮ったりしていました。


モン・サン・ミッシェルやヴェルサイユ宮殿など王道の観光もしましたが、どちらかというとブラブラと買い物や散歩をした旅行でした。
観光地については、色んな方がすでに書かれていると思いますので割愛させていただきます。
この記事も2011年9月末に書きかけていたものを修正・加筆したものになります。
フレッシュな情報をお届けできなく、残念に思います。



評価:
---
ジェイティビィパブリッシング
¥ 840
(2008-10-01)
Amazonランキング: 9875位
Amazonおすすめ度:

評価:
---
昭文社
¥ 945
(2007-03)
Amazonランキング: 346838位
Amazonおすすめ度:

評価:
---
昭文社
¥ 840
(2009-03-20)
Amazonランキング: 17760位
Amazonおすすめ度:

 数年ぶりの京都。
今回は、京都市内から少し足を伸ばして、サントリー山崎蒸留所を見学してきました。
ウイスキーの造り方について簡単に説明があり、ガイドさんに案内されてその工程を見て回るのですが、見学後に試飲タイムがありますので、電車で行くのをおすすめします。
中に入るとすぐに発酵した匂いがふわっと立ち込め、足を進めて行くうちに華やかな香りに変わっていきます。
最後に見る樽を寝かせている部屋は、空気中にアルコールが溶け出しているような具合で、苦手な方は気分が悪くなってしまうかも。私が訪れた日が、雨の日だったので余計そう感じたのかもしれませんが。。



試飲コーナーでは、山崎のほかに白州も紹介してもらえました。
未成年者やハンドルキーパーのために、山崎の天然水やサントリーのソフトドリンクも用意されています。
見学コースはここで終了。その後は、お土産を見たり、ウイスキーライブラリーを見たりできます。


アクセス
●JR京都駅〜JR山崎駅(約15分)
●阪急河原町駅〜阪急大山崎駅(約25分)

※JRの方が近いです。
 駐車場収容台数:乗用車8台 大型バス5台



*****************

旅行のお供は小さい方がよい。
大判の本はゆっくり眺めるのには向いているが、実際持って歩くとなるとかさばるし、いざ取り出す際にも扱いづらい。
今回お世話になったのはタビリエ。神社・仏閣には立ち寄れる時間がなかったが、掲載されている食事処がコテコテすぎず、外し過ぎず、また内容も充実した情報量だがうるさすぎない、という絶妙なバランスが決め手となりこちらを選択。
表紙がシンプルで「いかにも観光客!!」といった雰囲気でないのもよい。
地図も切り離し、行きたいポイントを直接書き込んで使用したが、使い勝手も大変良かった。(なにせ、この私が道に迷わず辿り着けたのだから間違いない)巻末にも詳細が載った地図がついているので、そちらと併用するとさらにわかりやすい。

夕食は、こちらに掲載されているイタリアンのお店を利用してみた。
ガイドや雑誌に載っているところというのは、ほとんど観光名所のようなイメージが強かったのだが、こぢんまりとしながらもおいしいものを出してくれるいいお店で、特に水茄子と生ハムのカルパッチョは絶品!水茄子がどこで手に入るのか訊いてしまったほどだ。


京都はやはり日本一の観光地で、大きな書店の国内旅行コーナーをちょっと覗いてみるとお分かりだと思うが、旅行ガイドも山のように出版されている。
「さすが京都!情報量が多いのは嬉しいことだ」と感心するも、購入する側としては、この中から自分にとってベストの1冊(乃至2冊)を選ばなくてはならない。
これだけ情報量が多いと、それらをパラパラッと開いてみればみるほど、どの本を買っていいやらサッパリわからなくなってくるのだ。

旅行ガイドというのは決してどれを買っても同じということはない。そして地味にお金がかかるものである。1冊であれば¥1000前後で済むのだが、気が大きくなり、あれもこれもと2冊、3冊と買ってしまうと、肝心の旅行前に余計な(?)出費がかさんでしまう。
だからこそ選ぶポイントを明確に絞っておいた方がよい。
というのも、本当に色々なガイドブックが出ており、昔からあるオーソドックスなものから観光名所や散策路が重点的に載っているものや食事に重きをおいているもの、お土産などのショッピング情報が豊富なもの、手書きの地図のようなものなど様々だ。
私個人のポイントは(今回の分でいうと)、冒頭にも述べたようにまずはサイズ。それから、なるべく満遍なく載っているもので(細かくなくてよい)、食事やスイーツ、買い物の情報が多めのもの。そして、物足りない、と思わせない情報量。この3点である。

このタビリエシリーズは、以前から利用しており、【神戸】と【東京】が家にあるハズである。
たびまる京都は初版を持っているが、この2冊はオススメ。
あとは、手にとって見てみる。これしかない。
良い旅を。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM