一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
有川 浩
幻冬舎
¥ 1,470
(2008-01)
Amazonランキング: 281位
Amazonおすすめ度:

★★★★☆

阪急今津線。

片道約15分の地味なローカル線で、たまたま乗り合わせた「日常」のドラマが描かれている。
一駅一駅でひとつのエピソード。
それぞれのエピソードが、袖振り合うぐらいの接点でつながっていく。

西北駅で折り返すと半年後。
今度は宝塚駅を向いて走る阪急電車で描かれる日常。
それぞれの半年間も含めて。

この一冊には、些細だけれど普段忘れてしまっている大切なことが書かれている。
乗客の話し声や駅の雑踏に紛れて気付かないかもしれないが、よく目を凝らして見てみれば意外にも簡単なことだと気付くんじゃないだろうか。

話題作。


******************


これ、面白い。
人生の機微が垣間見られる(笑)


宝塚南口駅ではちょっと泣きそうになった。
わかる。
この手の女はなかなか幸せになれない。
とゆーか、周りからちやほやはされても大事な人から大切に思われない。
けど私は翔子さんのエピソードが一番好きだなぁ。
結婚式もショウコの話も。
女のいやらしさが、ね。うまい!
聖心の子達の意地悪の仕方とか、容易に想像ついて結構痛かった(笑)
小学生でも女は女なんだよね。
私、個人的な想像なんですけど、ショウコちゃんはハンカチをお母さんに見つからないように机の引き出しとかになおしたと思う。
そんな気がするだけなんですが。。

それと、えっちゃんのエピソードが結構いいんです♪
ほんとバカ彼氏。だけどすごく優しい。
まぁ、優しいだけじゃダメなんだけどね。
この話聞いてるミサが切ない。
意外とちゃんとした子なんです。

ミサと翔子のタイミングは絶妙。
小林駅での二人は西北行きと宝塚行きとでまるで違う。
初めて見かけたときのことなんて、もう覚えていないんだろなぁ。
やけどそれが「日常」で、同じ電車にたまたま乗り合わせた乗客同士(厳密に言うと入れ違っただけなのだが)ということなんでしょう。


関学の子、神戸女学院の子、今津線沿線の子は必読!です☆

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • 16:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
『阪急電車』有川浩/著(幻冬舎刊)阪急電車本ブログ勝手に推奨作家、有川浩さんの新作です。この作品は「papyrus2007.4(Vol.11)」から「papyrus2008.2(Vol.16)」までに連載された作品に、書き下ろしが追加されて一冊にまとめられたものです。題名の通り「阪急電車
  • 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
  • 2008/03/16 12:52 AM

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM