一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
太宰 治
集英社
¥ 270
(1990-11)
Amazonランキング: 6226位
Amazonおすすめ度:
貴方は太宰が好きですか?

太宰治の自伝であり、遺書でもある作品。
事実を大きくデフォルメし、出来事も前後しているが、太宰自身の経験をモチーフに描かれている。
凄まじい内容ではあるが、一般に言う「暗い」小説というわけではないのは、シリアスになれない太宰の悲しいお道化癖によるものかもしれない。
「恥の多い生涯を送ってきました」という手記の冒頭はあまりに有名。

誰が言ったか、太宰を読むのは「はしかのようなもの」だという名言がある。
十代のある時期、熱にとりつかれたように読みふけり、その作品の中に自分を見つけると自分だけが太宰に呼ばれたような気さえするのだが、しばらくすればケロリと忘れてしまっているのである。
大丈夫。若い時分に太宰を手に取ったひとは大抵そのようなものであると思う。(現に私もその一人であるし、そうでなければ上のような言葉も生まれないだろう。)
そのような経緯があるものだから、大人になって読み返すと、なにやら気恥ずかしさがこみ上げてくる人も少なくない。また、昔読んだときほどの衝撃はないといった感想もちらほら聞かれる。
だからといって読まなくてもよい本というわけでは決してなく、むしろ太宰(はしか)は十代のうちに済ませておいた方がよいと思う。

≪太宰「人間失格」、人気漫画家の表紙にしたら売れて売れて≫

太宰治の代表作「人間失格」の表紙を、漫画「DEATH NOTE(デスノート)」で知られる人気漫画家、小畑健さんのイラストにした集英社文庫の新装版が6月末の発行以来、約1か月半で7万5千部、古典的文学作品としては異例の売れ行きとなっている。

 「恥の多い生涯を送ってきました」という文章で知られる「人間失格」は、太宰が自殺する1948(昭和23)年に発表された自伝的小説。生きることの苦悩を見つめた小説には若い世代のファンが多く、52年刊の新潮文庫は602万5千部と夏目漱石「こころ」と並ぶ大ベストセラー。90年刊の集英社文庫でも40万部を超えている。

 従来の表紙は抽象画だったが、編集部は、「いかにも名作」という路線から脱却を目指
して小畑さんに表紙絵を依頼。新装版は、「デスノート」の主人公を思わせる学生服姿の
男の子が不敵な顔で座るデザインとなった。

 文芸作品と人気漫画家のイラストという異色の組み合わせはインターネット上でも話題
になり、「このコラボはすごい。カバー買いしました」との声も出ている。同文庫編集部は「コミックを読む層が興味を示しているようだ。若い読者に手にとってもらえれば」と話している。



*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*


2007年に表紙カバーを一新。売上をぐんと伸ばしているという。
集英社文庫では、1990年の発行以来40万部強を売り上げているが、新装版を発行した昨年夏だけで10万部以上も売り上げているというのだから大したものである。


作品単体だけを読むのであれば、集英社文庫は非常に読みやすいと思う。
文字が大きめで行間もゆったりとられているので、ぎっちり堅苦しい文章が並んでいるようなプレッシャーが少ない。
また、他の作品は収録されていないので、中高生が読書感想文の題材として読むのであれば、やはり集英社文庫が最も適しているだろう。
口絵の写真があるのも良い。また、解説のほかに太田治子氏による、父太宰の「人間失格」についての鑑賞も興味深い。
これだけでは物足りない。もっと作家とこの作品について知りたい。という方は角川文庫を、他の作品も文庫で読みたいという方には新潮文庫をお薦めする。

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • 15:32
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ash-log.jugem.jp/trackback/133

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM