一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
---
新潮社
¥ 420
(2004-11)
Amazonランキング: 219084位
Amazonおすすめ度:
サブタイトルに関しては賛否両論あるみたいです。
私個人的には無いほうがいいと思いますが、このキャッチコピー”ナイフを持つまえにダザイを読め!!”に惹かれてこの本を手に取る方もいらっしゃるようなので、それはそれでなかなか心をつかむものなのかもしれません。(もしかしたら編集者は、このコピーにぐっとくる人に読んでもらいたいと思っているのかも)

巻頭のカラーページがあまりにカラフルで、一瞬怯みました(笑)
そのポップな写真に添えられているのは、太宰の作品の中から抜き出した言葉たち。


人に好かれる事は知っていても、
人を愛する事に於いては欠けているところがあるようでした。
(もっとも、自分は、世の中の人間にだって、果して、
「愛」の能力があるのかどうか、たいへん疑問に思っています)

(『人間失格』)



おやすみなさい。
私は、王子さまのいないシンデレラ姫。
あたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか? 
もう、ふたたびお目にかかりません。

(『女生徒』)



など。

重松清氏と田口ランディ氏によるエッセイは一読の価値ありです。
とても熱い。
また、齋藤孝氏による「声に出して読みたいダザイ」は短い文章をピックアップして読むことで、その魅力をぐっと感じることができます。特に「走れメロス」のところが良かった。太宰の文章の持つエネルギーとその無茶苦茶加減が垣間見えて思わずクスっと笑ってしまいます。
「評伝 太宰治」も面白い。ただ、もう少し太宰の身の回りのこと(井伏鱒二や檀一雄など)について触れて欲しかったかな。
旅コラムなんかも充実しているので、作品を読む際のアクセントになると思います。
太宰ゆかりの地に是非行ってみたいと思いました。

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • 11:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM