一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
劇団ひとり
幻冬舎
¥ 520
(2008-08)
Amazonランキング: 208位
Amazonおすすめ度:
道草
拝啓、僕のアイドル様
ピンボケな私
over run
鳴き砂を歩く犬


40ページ程度の短いお話が5つ。
それぞれのお話は独立しているのだけど、きれいなオムニバスになっています。

主人公の独白による進行で、もちろん主人公によって語り口が違います。
人物(特に主人公)の書き込みは素晴らしい。
主人公の語りだけで、名前も年齢もわからないけれどその人となりをしっかり表現しています。
文章も平易で読みやすい。
が、くだけた表現も多いので苦手な方は苦手かも。
(例えば、「道草」冒頭辺りの「見れなくなっていた」など)
個人的には、主人公の独白なのだから口語でいいと思うし、文体に対して目くじらたてるほどのことじゃないと思うのですが。。


私は、この本が単行本で出たころ「劇団ひとり」さんが大っ嫌いでした(笑)
この本も友人に勧められましたが、断固として読みませんでした。
随分、世間じゃもてはやされているようだけど、所詮ツマラナイ芸人が書いたもんじゃないか。と本気で思っていました。

最近は、俳優として活躍していたり、TVで観ても落ち着いた雰囲気で、若輩ながら「ひとりもオトナになったなぁ(*´ー`*)」と応援しています。
「陰日向に咲く」読んだ感想は、「ひとり、なかなかやるやん」。
これは、素直な気持ちで読んだ方がいいです。
表紙の写真を含めて「陰日向に咲く」だと思います(単行本と同じ表紙だし)。
このタイトルはニクいですね。
昔は「かっこつけて・・・」と思っていたんですが、読んだら「陰日向に咲く」でした。
陰日向でも、咲くのは素敵な花だと思います。

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • 14:30
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://ash-log.jugem.jp/trackback/170

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM