一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
川口マーン 惠美
平凡社
---
(2009-07)
Amazonランキング: 122238位

【内容紹介】

ドイツといえば、ビールやソーセージと思われがち。だけど、それだけじゃない!豚のすね肉をぐつぐつ茹でたアイスバイン、ビールのつまみにぴったりのブレッツェル、日本ではあまりお目にかかれない川魚料理、歯ごたえ絶妙の白アスパラ…。そう、ドイツはこんなに美味しい!シュトゥットガルト在住25年の作家が描く愉快な16話。
(「BOOK」データベースより)

「ドイツってご飯おいしくないでしょ」
これはよく言われますね。実際、私もじゃがいもとソーセージのイメージしか持っていませんでしたし。
実際は少し違う。正直、化学調味料や食品添加物まみれの(そうでないものもたくさんあるんですけどね!)日本の食事よりもよっぽどおいしいです!
私はまだ、ドイツでホワイトアスパラを食べたことがないのですが、著者がこの本や別の場で何度も熱弁を振るうこのホワイトアスパラを是非食べてみたいと思っています。来年の5月には必ずや・・・!!
こちらのホワイトアスパラ、鮮度が命のようで、朝採れの筍に例えられていたのは秀逸でした。
日本人は何かと「日持ち、日持ち」と言いますが、その土地でその土地のものを食べることが一番おいしく感じられ、至上の贅沢だと思います。何でもお取り寄せできたら面白くないのです。

ドイツという国は、もともと違う複数の国が集まってできた連邦共和国です。そのせいか、地方ごとに特色がまちまちです。
料理に関してももちろん同様で、プレッツェルをみんなが食べているわけではありません。
ビールだって数えきれないほどの種類があり、地方によって全然違うのです。
ですので、この本に書かれていることが、ドイツのどこででも見られる光景ではありません。
しかし、日本に住む私たちが思い描くステレオタイプのドイツの食事、とも違うはずです。

著者の川口マーン惠美さんは、料理もよくし、お酒も嗜まれる方のようで、こちらの本は食べておいしかったものだけではなく、おもてなしの仕方についてやビールやワインについても書かれています。また、自身の失敗談も自嘲ネタとして書かれており、なかなか面白いです。
ドイツ人に対して、少し辛口のコメントが入ったりもしますが、出来の悪い子どもを紹介するような愛ある弄りであると感じずにはいられません。
ドイツに興味のある方は是非読んでみてはいかがでしょうか?


JUGEMテーマ:エッセー・紀行文

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • 17:16
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM