一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

評価:
辻 仁成
幻冬舎
---
(2002-07)
Amazonランキング: 19302位
Amazonおすすめ度:
★★★★☆


私は本を紹介するとき、いつもとびきりの言葉で伝えたいと考えているのよ。


だから、今この本をありきたりの言葉で語れない。


レビューはもう少しゆっくり消化してから書こうと思います。





それでも今日はこの私のうちに湧いてくる思いをどうしようもなく、ここに書くことで行き場を与えたいと思うのです。





「サヨナライツカ」





この本を前に読んだのは大学生の頃。


今思えば本当に子どもすぎた。


感想と言っても特になく、ただただ沓子の奔放な生き様や姿とトゥクトゥクという南国の国の音の響きが印象に残っているだけで、ストーリー自体は「浅いなぁ。」と思った記憶でしかない。


あれから5年も経って、急に読みたくなって、今読んでみたらどうだろう。


私はオトナになった。



真中沓子。

「トーコ」という名前にすら優美で艶やかな響きがある。
沓子は素敵。
沓子は大人だ。



「サヨナライツカ」




冒頭の詩については今更私が言及するところではないし、この作品の主題は、詩ばかりを読んでいてははっきりとは見えてこないと思うので、あえてここでは書かないことにする。
ただ、きっかけを掴むのにはすごく上手いと思う。



それよりもタイトル。


出会えば、いつかさよならがくる、という意味なのか


それとも、今はサヨナラ、でもいつか・・・なのか。


個人的には詩よりもタイトルが重いと思うのだけれど。。





時間とは尊いもので、何が大切なのかを考えさせられる。


確かに「人生いつでもやり直せる」というのは本当であると思うけれど、それが必ずしも真かというとそうでもない。


あまりに残酷な現実というものが描かれた作品であるように思う。



こんなにも愛することができるのか、ということよりも、今大切な人がいるならその人を、そして自分自身を少し見つめなおしてみたらいいと思う。





「愛していたわ」



愛したことを思い出す





だけど、「愛している」の台詞には、アスペクトについてのコメントは不要。


それが少し残念だった。


こんな小説読んじゃうとね、一度切りの人生、後悔ないように生きたいって強く思う。

ただ、感動したんだな。
きっと。

だから心から、愛に悩める人達に読んでもらいたい一冊だと思うのよ。

評価:
加藤 諦三
PHP研究所
¥ 756
(2007-04-17)
Amazonランキング: 2676位
Amazonおすすめ度:
★★★★☆


「もっと自分を出した方がいい」

そういうことをよく言われる人は要注意!
パッと見は、明るくて社交的。だけど自分の意見がない人。
人に嫌われないように、常に相手に合わせる人。
今結構多いです。


嫌われないように人の顔色をうかがってばかりいる人は、たいてい相手に見透かされている。
確かにずるい人も集まってくるかもしれない。
しかし、私はもっと身近な部分で信用を得られないことの方が、より生きづらいことのように思う。


どんなに嫌われないように努力しても幸せにはなれない。
しかし、嫌われないように取り繕ってしまう人がいる。

「嫌われたくない症候群」
それに気づいて欲しくて、この本をすすめたい。
かなり極端なことも書かれているが、頷ける部分も多くあるだろう。



**************************


この本は人に薦めてもらったものです。
私の友人に、実に見事なまでにこのような癖をもった人がいて、彼女のことをちらっとお話ししたときに紹介してくれました。
本の内容が当然すべて当てはまる訳ではないけれど、鋭いところを突いているなという項がいくつもありました。

実は、友人本人も読んだのですが、わかったのかわかった風な素振りをしているのかはわからないところです。
彼女が言うには、「私、友達がたくさんいる」と言ったり、聞いてもないのに「私幸せです」と連呼する、という箇所が痛かったそうですが。
私が強く感じたのは、無駄な告白癖でしょうか。
予防線を張るんですよね。逆に。

私がこの本を薦めるのは、少しでも自覚することによって「嫌われたくない症候群」は治るものだと思うからです。
身近にこのような癖をもった人はいませんか?
もし良かったら読んでみてください。

評価:
小池 真理子
新潮社
¥ 460
(2001-03)
Amazonランキング: 88523位
Amazonおすすめ度:
★★★★☆


天才洋画家・辻堂環の訃報をきっかけに、彼を愛した6人の女性が思い起こすかつての『蜜月』と現在の物語。

タイトルに惹かれ衝動買い。しかし、タイトルのように濃密な表現ではなく、洗練されたエロスを感じる。
私も辻堂環に出会ったら、間違いなく惹かれてしまうだろう。

終わってしまった過去の恋を描いた切ない一冊。

評価:
水野 宗徳
泰文堂
¥ 1,260
(2006-11)
Amazonランキング: 131159位
Amazonおすすめ度:
★★★☆☆


たぶんコレ、小説で読むより映像で観た方が面白いと思う。

フランクな読み物です。
なんとなく読んでみるwいいかもしれません。

ただ、期待しすぎは禁物です。

登場人物が人間くさくて、それが良いところでもあり、全体の足を引っ張っているような感じもします。

そして少し描写が物足りなかった。
最後の方ねw
もう少し感動が欲しかった。

率直な感想です。

評価:
さとう さくら
宝島社
¥ 1,470
(2006-04)
Amazonランキング: 72194位
Amazonおすすめ度:
★★★☆☆


晴海苫子―26歳、フリーター、処女。
この小説の主人公は、一見今どき珍しい設定のように思えるが、意外とその辺に転がっている身近なモチーフで描かれている。
まるでクラスメイトが書いたかのようなフランクな文体までもが苫子の設定に等身大。
全ては受け入れられなくとも、細かい部分で頷くことの多くある作品である。

評価:
齋藤 薫
文芸春秋
---
(2002-11-14)
Amazonランキング: 192568位
Amazonおすすめ度:
★★★★☆


美に対する意識が変わる本。


【超美容学】と【超美人学】の二つのカテゴリーに分けて書かれた美にこだわったエッセイ。
美容に関しては、美容ジャーナリストである斎藤氏本人が試した化粧品や美容器具などが感想を添えて書かれてあり、大変参考になる。巻末に本文で紹介された商品一覧が記載されているのも嬉しい。

また、独自の視点を通して書かれた【超美人学】は一読の価値あり。キレイは意識することによって変わるもの。
この1冊で、その辺のコスメフリークよりキレイになれること間違いなし☆




*************************



個人的には【超美人学】を是非読んでもらいたい。
美とは、本人の意識の持ちようで幾様にも変わるもの。
事実、私自身を変えてくれた一冊。
キレイになりたいと思っている方におすすめです。

評価:
平野 啓一郎
新潮社
¥ 1,365
(2006-03-29)
Amazonランキング: 203175位
Amazonおすすめ度:
第三者の目を通して冷静に描く主人公二人の描写がリアリティーに溢れ、本当に現実の事件として起こっているのではないかと思うほど。

平凡な中学校教師<吉田希美子>は、とあるきっかけで出会い系サイトを介し、一人の男性<方原盈>と出会う。<ミッキー>というニックネームを名乗っている間は、現実の地味な<吉田希美子>とは切り離され、大胆に振舞えた。

インターネット上、特に自分を知るものがいないとき、人は奔放に自分を表現できる。現実社会での「自分」、例えばSNSの中での「自分」。もちろん両者とも「自分」である。
「本当の自分」とは一体何なのか、少し立ち止まって考えてみるいいきっかけになる一作だと思う。


文体は、取り扱うテーマに合わせてか平易で読みやすく、しかしその表現は逐一的確なもので読ませる作品になっている。
平野氏にとっては軽い挑戦だったのではないだろうか。
何かとエロスの部分だけが取り沙汰されているようだが、平野氏の描くエロスはこのように陳腐なものではないと期待して★★★★☆
JUGEMテーマ:平野啓一郎


こんにちは☆〃
私の本棚を公開します♪


人の本棚に、自分と同じ本が並んでいたりするとちょっと嬉しくなりますよね。
逆に、自分の本棚をまじまじと見られるのって、思考を読まれているようでなんだか恥ずかしかったり…。
そんな経験ありませんか?

拙い文章ですが、このブログの中に皆さんの本棚に並んでいる本を見つけたり、興味を持っていただいて、その作品を手にとってもらえたら嬉しいです。

消しちゃいましたっ☆


(*´艸`)


新しい年。。

今年もよろしくラブ


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Einkaufen★☆

◆Blog Ranking◆

ランキング登録中です☆
↓↓のバナーを押してもらえると
嬉しいです♪(*゜∀゜*)ノシ


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ Twitterボタン
Twitterブログパーツ

◆Blog Pet◆

◆広告◆

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ◆あの頃の誰か◆
    藍色
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    Ashalynn
  • ◆マッチポンプ売りの少女〜童話が教える本当に怖いお金のこと〜◆
    マネー・ヘッタ・チャン
  • ◆そうだったのか!日本現代史◆
    Adansonian
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
    あしゅ
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆ニューヨークのとけない魔法◆
  • ◆出逢いの大学◆
    あしゅ
  • ◆出逢いの大学◆
    千葉智之

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM